ビーマスポーツ(biima sports)で買ったもの

ビーマスポーツでは、教室で使うスポーツ用グッズ(用具)が必要です。

ただし、強制購入ではないため自分たちでグッズを用意してかまいません

ビーマ公式のものも販売されていますが、送料込みの値段は少し高めです。

ボールなんかはすでに持っていることもありますからね

ここでは長女が年少時からビーマスポーツに通い、実際に購入したものをまとめました。

購入するにあたっては、先生からどのようなグッズが必要か使用目的と一緒に教えていただいた内容を参考にしています。

目次

サッカーボール

サッカーボールは、ビーマ公式販売のものがなく各自用意が必要です。

長女(幼児)が使っているボールは、スポーツ用品店で買った一番小さい4号ボール(小学生用)です。

その後、さらに小さな3号があることを後から知りました。

私の娘は4号でも問題なく使っていますが、幼児が扱いやすいのは3号だと思います。

3号球(幼児~小学生低学年)

XPRICE楽天市場店
¥1,962 (2024/01/29 11:05時点 | 楽天市場調べ)

小学生のお子様には4号がおすすめです。

4号球(小学生用)

XPRICE楽天市場店
¥2,118 (2024/01/29 11:07時点 | 楽天市場調べ)

ちなみに「MIKASA」は全国高校サッカー選手権大会の公式球などに使われている有名な国内競技用ボールメーカーです

空気入れ

空気入れも必要です。1つあればバスケットボールなど他のボールにも使えます

テニスラケット

ボールを打ち返すことを身につけやすい「デカテニス」が最適です。

ビーマ公式からもほぼ同じものが販売(送料入れて3,000円弱)されていますが、ビーマスポーツのロゴ入りかそうでないかの違いのようです。

ボールは教室のものを使うので不要です。

バスケットボール

我が家では上の子がすでに小学生用の5号バスケットボールを持っていたためそのまま使いましたが、5号は幼児にとってかなり大きいと感じました。

幼児~小学生低学年は4号がおすすめです。

ただし、あまり軽いボールだとドリブル時にボールを下に押す感覚がわかりにくいため、適度に重い方が良いです。

ビーマのバスケットボールはこの点が考慮されているのですが、送料合わせると3,500円を超えてしまうため下記の商品がおすすめです。

Weedget Design
¥2,980 (2023/10/22 07:14時点 | 楽天市場調べ)

この4号はビーマのものとほぼ同じサイズ・重さ(直径20㎝・重さ396g)ながら価格が抑えられています。

空気入れ

こちらはサッカーボールにも使うことが可能です。

なわとび

100円ショップのなわとびはおすすめしません。

ビニール製で軽くてねじれやすいものが多く、小さい子には回しにくいためです。我が家も最初ではすぐに買い換えました。

最初は綿かビーズタイプ

初めてなわとびを飛ぶ子供は、やや重みがあってねじれにくいものが回す感覚をつかみやすいのでおすすめです。

【綿タイプ】

我が家ではデビカの綿ロープなわとびを購入し直しました。

デビカは学童向けの商品を中心に販売している会社です。

販売サイトのクチコミでは、保育園や幼稚園の指定になっていたり、程よい重さで回しやすいという意見が多かったです。

実際、長女は回すコツをすぐつかんでピョンピョン飛んでいました。持ち手が長く持ちやすそうです。

LE-Ciel
¥980 (2023/10/22 07:16時点 | 楽天市場調べ)

ただしデビカ綿ロープは青色しかないので、女の子はこちらなどもおすすめです。

Wal Base
¥999 (2024/02/27 18:25時点 | Amazon調べ)

【ビーズタイプ】

ビーズなわとびも回す感覚をつかみやすく初めて飛ぶ子供におすすめです。

ビーマ公式の初心者向けなわとびもビーズになっています。

ただしコンクリートなど固い所では割れる可能性があるため、土や芝生などで使う必要があります。

ブランド登録なし
¥690 (2024/01/29 11:30時点 | Yahooショッピング調べ)

飛べるようになったら細いロープ

ある程度飛べるようになったら、綿やビーズタイプよりも細く回しやすいなわとびの方が色々な技に挑戦しやすいです。

デビカから販売されている「瞬足」などがおすすめです。

ルーペスタジオ
¥990 (2024/01/29 11:53時点 | 楽天市場調べ)

野球のバット

ボールにあてやすい「デカバット」がおすすめです。

長さ60㎝幅約8㎝のサイズで重さも軽く、子供でも楽に扱えます。

公式グッズ(2,480円+送料)のバットもありますが、ほぼ同じですのでこちらで十分です。

ちなみにボールは教室で用意しているものを使うため不要でした。

ユニフォーム

ユニフォームは、基本的にTシャツ、短パン、トレーナーの3点が必要です。
(オンライン購入で13,340円。2024年3月時)

ただし、教室や地域によって異なるため(トレーナ不要など)、入会を検討している方は体験時に確認するのが良いです。

どうしても費用を抑えたい場合は、メルカリでの購入を検討されてもいいかもしれません。
>>メルカリ「biima sports」

名前記入や名前シールは必須

同じ道具を持っている子達が多いので名前を書いたりシールを貼っておくといいです。

とくにデカバットとデカテニスは必須です。

公式グッズはやや割高

スポーツ用具をどれにするか迷う場合はビーマ公式グッズでも良いですが、送料(850円)合わせると割高になるので自分たちで用意している家族が多いです。

我が家でも自分で購入しましたが、これまでのところ全く問題なく教室に参加できています。

よかったらシェアしてね!
目次